• 2018/01/11
  • by 道太

どこまでも青

遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます◎




毎年、賑やかなカウントダウンを過ぎ、静かな正月を迎えると


「また今年も一つ歳を重ねるな」と思う◎



1月が誕生日の僕にとって、年度もまたぐし、

実際の年齢も加算されるといった月なのだ◎


もうじき38歳になる◎





ずっと違和感を感じていた


小さなころ実家で見ていた大人の38歳

東京で暮らし、成人を迎えてから見ていた38歳の大人


どちらも、立派に見えたが

今現在がそのどちらでもないような気がしてならないのだ


別にそれを目標として

「僕も立派な大人になりたい」などと思って生きて来ては無かったが

その年齢になると自然とそうなるものなのだと思っていた




去年、とある友人の結婚式で乾杯のスピーチをさせてもらった◎


毎回、そういったスピーチはその日の空気感をできるだけ取り入れながら

話せたらいいな、と思っているので原稿は用意していかないのが常だ◎



その日も、例に倣い手ぶらの丸腰で乾杯に臨んだ


新郎も僕と同じく飲食店を経営している

そして同じく30代だ


よく見たら、周りの飲食人もこぞって30代に突入している


さらに言えば、その日その場所にいた人の多くも30代だ


いや、別に20代が悪い、30代が良い、40代はもっと良いなどという話ではない



ずらずらっと並んだ人たちを見ながら


みんなみんな、まだ、全力で走ってるな、と


我武者羅の20代を経て、30代


まだ我武者羅だし、それこそがとってもキラキラして見えた



「せ、青春、そう、きっと今僕らはまだ青春の中にいるのです」


自然と言葉が出てきた◎



その日、そこにいた人はみんな自分に当てはめて

聞いてくれた、と思っている


いや、聞いてなくてもいい


でも、僕はしっかりと自分の口からそのキーワードが出て

誰かに向けてのメッセージとして発した


きっと青春なんてそんなもんだろうと思う


その日、みんなに向けて発したその言葉は

いつしか途中から自分へ向けてのメッセージのようになり


そうだ、僕はまだ青春の中にいたんだ


となった◎



ひたむきで


不器用だけどまっすぐで


純心で


支え合い


謙虚で


パワーが爆発して


朝日がまた昇るように


真夏の太陽のように


沈んでいく夕陽を見ながら泣いちゃったり


肩を組んだり


とにかく走ったり


息が切れても走ったり



僕は、そんな青春真っただ中にいて

そしてそれを今まで口には出さなかったけれど

24時間365日ずっとやっているチームを知っている◎



そう、青二才だ◎



旧阿佐ヶ谷が閉まる時、壁に書いてもらったメッセージの中に


「青二才こそが私の青春でした」


と書いてあった◎



ごめん、今になってやっと、めちゃくちゃ滲みる言葉だ、ありがとう誰か◎



朱に交われば赤くなる


青に交われば青くなる



38歳、きっといい歳なんだけど


昔見ていた立派な大人にはまだなれそうにもないけれど


オジサンが青春したっていいじゃないか◎



僕らはただ毎日をしっかりと意味のあるものに


肩組み、歌うたいながら


今年も走っていきたいと思っています◎





















↑
PAGE TOP