• 2017/09/29
  • by 道太

10年を迎えて、挫けそうになったけど、復活した件

9月10日に青二才全体の10周年を迎えることができました◎

当日は本当に多くの方にお越しいただき
また、多くの方がそのイベントを手伝って下さり
感謝のしようが無いほどの温かい気持ちに包まれました◎


ありがとうございます◎


本来ならば、イベント後すぐにでもちゃんとした感謝の言葉を伝えなければならない
と思っていたのですが、いろいろと思うところもあり今日になってしまいました◎


10周年のその日に、イベントの売上金が盗難にあいました。

その金額47万円。

10周年を祝いに来てくださっている方に悪い人はいない
などという思いから、管理体制が甘くなっていたのも事実です

僕がもうちょっとあの時しっかりしていればなどと思うところも
多々あるのですが、やはり一番ショックなのは
金額もさることながら、そういう人が来てしまっていた
また、10年もがんばってやってきて、まだそういう人を存在させてしまえるほどだったんだな。
という事実でした。

人に信用されるように、小さな努力をコツコツとしてきたつもりでした。
人に信用されるように、来てくださった方のことも心から信用してきたつもりでした。

10年の日に人を信用すること、という僕の心の根底にあるものが
どこかミシミシ言い出したのです。

感謝の気持ちを伝えなくちゃいけない、と思いながらも
うわべの言葉を並べた感謝の言葉なんて発してはいけない、と思うところもあり
なかなか気持ちの整理もつかず、今日まで来てしまいました。


あれほどのお金があれば、がんばってくれている従業員にもっとお給料を渡せるのに
次にまた、楽しいことを考えることもできるのに

と考えれば考えるほど、自分が情けなくなり、持っていった人に対してもやりようの無い感情がこみ上げてきてしまいました。


神谷と話し
警察に届けを出し

申し訳なさたっぷりで従業員にもこの件について報告をしたところ

「負けてらんねえっすよ」
「がんばりましょう」
「俺らついてますから」

などと言葉をもらったり


一緒にイベントをやってくれた他店のメンバーも
話したそばから感情こみ上げて泣いてしまうやつ
とにかくその誰かに怒りがこみ上げてきてしまうやつ


お客さん数名にも話したところ励ましの言葉や
今後の対策や、お客さん目線での言葉などをもらいました。


その結果
僕らが積み上げてきた10年は
そんなにやわじゃなく、


僕が性善説で生きてきた37年も
こんな一人の犯行ぐらいで折れちゃいけない


裏切られても
まだ、人を信用しよう◎


やっと今、ここまで来ました◎


青二才を応援してくださっている方

この事件の内容を載せることで
読んで、知ってしまった方にまた不快な思いを
抱かせてしまったかもしれません。


それでもやはり、僕らは
お客さんはじめ、周りに人がいてくれるから
乗り越えられるんだ、と思っています。

犯人に怒りの感情はありますが

この事件を知った上で、共に乗り越えさせてくれた人の力はすごいと思う◎


そういった方々と、これからも歩を共に進ませてほしいと
願うので、今日、あえて包み隠さずにここに記しました◎


僕らはこんなことに負けちゃいけない


進め進め






いつも本当にありがとうございます◎

本当に本当にありがとうございます◎

今日からまたよろしくお願いします◎

↑
PAGE TOP