• 2016/01/04
  • by TWO

The longest journey ~その先へ~

どうもTWOです。












2015年12月31日の話。









2015年12月31日といえば

世間では大晦日、カウントダウンに

沸いていた日。





一方、全国の青二才フリーク(笑)の方々には

「青二才」の本店 阿佐ヶ谷店最終日。


建物の老朽化により一旦その幕を閉じる日。






中野店、神保町店、共に休みで

全スタッフが一堂に会する日。

全員で阿佐ヶ谷店の仕込みに行っても

人が多いので中野スタッフは

中野店の大掃除をしてから阿佐ヶ谷に向かいました。








オープンは20時。

オープン前にスタッフで朝礼と

社長と神谷さんのありがたいお言葉を頂いて

いざ、阿佐ヶ谷 青二才のラストランのスタートです!















最終日だしお客様がね

多いとは思ってましたよ・・・

思ってましたが、ここまでとは(笑)


どこを見ても人、人、人!


オープン前の店内で

表の人の多い気配は感じてましたけど


いつもイベント営業の時に

バーでコンビを組むマー君と久しぶりに

スタートからの人の入りを見て


「これはヤバイぞ」


って言いましたもん(笑)










23:40頃から恒例の

慎矢と神谷さんの懇親のVTR!

(毎回ギリギリまで寝ずに作ってくれてお疲れ様です!)


いや~、毎回クオリティーが上がって

今年もいい物をありがとう!






VTR見る時はいつもバーの端で見るのですが

このポジションが良いのに気付いたミナミが

最近では背後霊のように陣取ってきます(笑)

※映像は近々、慎矢さんがYoutubeに

 アップしてくれると思いますので

 暫しお待ちください。









VTRが終わり2016年になり

阿佐ヶ谷店での最後の

社長による挨拶と

苦情が来るほどの乾杯をし、

そのままお客様と一緒に

近くの神社に初詣に向かいました。






社長の先導の下

いざ神社へみんなが向かう中

まだ数名人が残る店内で

この2人が泣きながらハグをし

色々な話していました。



神谷さんとヨシコ。


ヨシコは社長の下の妹であり

青二才のオープン当初一緒に働いていた

僕らの大先輩。


もうね2人とも泣いて泣いて

ぐちゃぐちゃ(笑)




少し片付けで残っていたスタッフで

写真を撮ったのですが

2人の顔でどのくらい泣いていたかは

想像がつくと思います(笑)









そこから片付け組も遅れて

神社に初詣に行き

おみくじを引き(小吉でした)

出店のそばを食べ

お客様達とはその場で解散しました。



さっきまで泣いていた神谷さんは

夫婦仲良くお参りしてました(笑)





お客様と別れてからは

毎年恒例のスタッフだけの家族での

新年会を青二才の2階で。






店に戻る途中

笑って泣いてお腹が減ったのであろう

数名のお客様を横目に

新年会のスタートです。












こう改めてみると

僕が入った時はまだ阿佐ヶ谷店だけで

スタッフも6人(慎矢の前のナツの時ね)

家族を入れても10人くらいでした。


そんな家族飲みが

いまや子供も入れると30人を超える

大所帯になりました。





そんな家族飲みが2:00過ぎから始まり

これに関しては自由解散なので

翌日の予定などで

1人帰り、2人帰り

最終的に8:00頃に残ったのは8人くらい。



そこから各自飲み続けたり

仮眠を取ったりと

10:00頃に解散となりました。








が!しかし

中野店は元日しか休みがないので

このまま帰っては寝て終わる!

と思った僕は

眠いであろう社長とショウタを誘って

お正月の挨拶回りに向かいました。












思い立った時の青二才クルーの

ットワークの軽さといったら

レッド○ルのCMに出れるんじゃないかと思うくらい。


だって思い立った1時間半後には

千葉で餅つきをしてましたもん(笑)




千葉にある昔から仲良くしてもらっている

NEO JAPANESE STANDARD

ネオジャパニーズスタンダードさんがやっている

餅つきに参加して、乾杯して、

新年の挨拶をさせてもらいました。




当日は振る舞い酒って事で

しっかり頂きました!




前日の大晦日の飲み過ぎで二日酔いのスタッフ(笑)

※飲み過ぎてまだ起きてないスタッフも1人居たし(笑)






今回唯一お正月っぽいお雑煮。




NEO JAPANESE STANDARD

千葉に行った際には一度行ってみてください。

良いお店です!

アリ君はじめ、スタッフの皆さん

その場に居たお客様、お邪魔しました!

ありがとうございました!








※この店も青二才同様アレなので恒例のアレあります(笑)















そこから、もっとバカな僕らは

数十分後東京駅に居ました。
















で、着いたのがココ。



日頃青二才のメニューにもある

激旨の干物を卸して頂いている

静岡県熱海市にある

yoshi-魚-tei」の藤間さんのもとへ。

とにかく旨い干物が食べれます!







1人、2人と帰った家族飲みで

最後に残った数人が朝方にやっていた事。

それはiPhoneを使っての「Face Time乾杯」

内容としてはいたってシンプルで

色々な人に

いきなりiPhoneのFace Timeで電話して

新年の挨拶をした後

電話の向こうから全力で「乾杯」をしてもらってお酒を飲む!

っていう酔っ払いの遊びです(笑)


その中に居た1人が

熱海のハイパー干物クリエイター藤間さん。

その時、元日は15時から21時まで営業している

という情報は聞き出していて


「その日のうちに行ったら面白くない?」


って事で、即採用・即実行(笑)








しっかり新年の挨拶と乾杯をして

しっかり美味しい干物をご馳走になりました!

携帯の充電が無かったので干物の写真はありませんが

覚えているだけで


エビの味醂干し

エビの塩干し

エビの味醂干し

ノドグロの干物

鯖の味醂干し

トロ鯖の干物

カマスの干物

鯖の味醂干し


と、などなど。


藤間さん2016年も宜しくお願い致します!











ココでお店を出たのが20時過ぎ頃。

いよいよ眠さが限界だったので帰ろうとなりました。




が!さらに上行ったのが社長。

平塚の飲み屋さんに行こうかなと。






さすがに翌日中野出勤の僕とショウタは帰宅。

社長は在来線で一路平塚へと向かいました(笑)











阿佐ヶ谷 青二才の閉店&カウントダウンから

一路千葉へ

さらに熱海へと

かなりの移動をしましたが

充実したお休みを満喫しました!



いや~、楽しかったな~








2016年も青二才を宜しくお願い致します!

そして、また必ず阿佐ヶ谷の地で乾杯しましょう!

















































実はこの長旅

まだ終わりではなく

東京駅でショウタと別れた僕は

総武線の各駅停車に揺られること

約4時間というこれまた長い時間

現実を飛び出してその先の

長い長い夢の旅に出ていました(笑)











↑
PAGE TOP