• 2013/10/25
  • by カズマ

遺産


さて、中野がオープンして早10ヶ月近く。

いろんな方と知り合うことができているわけで。

その中の一人、B君というボクと同い年のミュージシャンがいて。

はなっからタメということで話も合い、仲良くしてもらっているのですが。

そんなB君が先日、CDのリリースに合わせて渋谷のクラブでイベントを打つってんで、

社長とヤスと行ったわけです、仕事後に。


到着は深夜3時。

イベントも架橋だったにもかかわらず、オーガナイザーのB君は満面の笑みでボクらを迎えてくれて。

ちょうど、B君のバックバンドがライブをしていて大盛り上がりだったし、

そんな楽しい空気だし、ボクらもしっかり飲んじゃったり。

そして、ちゃんと音源も購入。

家に帰って聞いてるときに、ふと気づいたことがあった。

「ダンボールにたんまり入っているCDをどうにかしろ」

という言いつけを。。


押入れの奥の奥に潜んでいる、過去に買い漁ってもうしまいこんでしまっている銀盤たち。

いつかやると思っていたが、引っ張り出すのも億劫な枚数の遺産たちが、

不気味に心に蘇ってきた。。


青春時代とはいえ、アホみたいに溜め込んだCDたち。

きっと売っても1円にもならんようなものばっかりなんだろうなぁ。。。


怒られるのはもうヤだし、片付けないとなぁ。。

でもさぁ、捨てられないものもきっとあるんだろうしなぁ。。


なんだよ、断捨離ってよぉ。。


今度、FBにでも写真上げるから、欲しいのあったら言って下さい。w


あ~~、片付けるかぁ。。。

↑
PAGE TOP